« 働き蜂 | トップページ | 鳶とカラス »

2008年5月31日 (土)

蝶の舞

527tyoutyoz 

                              蝶の舞

|

« 働き蜂 | トップページ | 鳶とカラス »

おやじの雑俳」カテゴリの記事

コメント

台所のキフジンさん、こんばんは、
ブログへもコメントをありがとうございます、
6年ほど前から野鳥の追っかけをしています、
湘南を流れる引地川を中心に歩いています、
昆虫も面白い被写体なので良く狙います、
川原歩きは野鳥、花、昆虫とさまざまな自然との
出会いがあり楽しいです、撮った写真に下手な川柳や
俳句を添えて遊んでいます、
これからもぼちぼち更新しますので覗いてみてください、ありがとうございました。親父

投稿: 粋人亭の親父 | 2008年6月30日 (月) 20時33分

コチラにも寄らせていただきました
宜しくお願いいたします
。。もう少し生きていなよと蝶の舞い 。。。
自然の中にヮ人の愛情でヮ救えない 何かがありますよネ
そこはかとない 雄大なやさしさなんでしょうか 。。。
。。もう少し生きているよと夕焼けに 。。

投稿: 台所のキフジン | 2008年6月30日 (月) 19時54分

えぞ紫さん、こんばんは、
親父の雑俳にコメントをありがとうございます、
写真に親父の俳句や川柳を書いて遊んでいます、
5・7・5の世界、意外と面白いですよ、
頭の体操にもよろしいようです、
ありがとうございました。親父

投稿: 粋人亭の親父 | 2008年6月 5日 (木) 23時37分

素晴らしいですねshine
野山で見掛ける動植物の姿や種類で、移ろい行く季節を感じる事が出来ます。
命ある者には、いつか必ず死が訪れます。
時の流れは、時として悲しい別れをもたらしますが、それも自然の摂理なのでしょうね。


投稿: えぞ紫 | 2008年6月 5日 (木) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133866/21304409

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶の舞:

« 働き蜂 | トップページ | 鳶とカラス »